がん患者会・サロン ネットワークみやぎ

がん患者会・サロン ネットワークみやぎとは

~私たちは、ピアとして支えあい、社会とつながっていきます~

宮城県内のがん患者会やサロンでは、それぞれ個々の活動だけにとどまることなく、お互いに交流を深めると共に患者の声を地域や行政に発信しながら「患者だからこそできる役割」を果たしていきたいと活動してきました。
そしてこの度、この想いに賛同した団体が「患者・家族・支援者、そして地域とつながっていく」ことを趣旨として、平成27年10月『がん患者会・サロン ネットワークみやぎ』を発足致しました。

活動にあたって

ロゴマークに込めた想い

運営について

コアメンバー(運営委員)は、代表1名、副代表1名、委員3名で構成しています。
事務局は、宮城県がん総合支援センターが担当しています。

このページの上部へ戻る